BLOGブログ

  • ホーム
  • ブログ
  • トップ5%社員を分析すると読書量は他の社員の◯倍!

トップ5%社員を分析すると読書量は他の社員の◯倍!

2022.04.02 ブログ

読書について、お話させてください。

まず、最初に質問を。

あなたは、本、どれくらい読んでますか?

年に、○冊、ですか?

月に、○冊、ですか?

週に、○冊、ですか?

ちょっと考えてみてください。



いかがでしょうか。

直感的に、月1冊くらいの方が多いのかな、と思っていたのですが、実はそうでもありません。

ベストセラー本、「AI分析でわかった トップ5%社員の習慣」によると、

日本の社員の平均読書量は、

なんと、年間、

2.2冊

とのこと。

 

確かに、電車で本読んでいる人、見かけないもんな・・

みんなスマホばかりいじってるもんな・・

そう思いました。

 

が! トップ5%と呼ばれている人は、読書量からして違う! とのこと。

その冊数は、

なんと、年間

48冊

とのこと。

 

一般社員さんの、20倍! も読書してるんですよ。

週に1冊は本読んでるんですよ。

 

この自己啓発量の差が、

知識の差になり、

意識の差になり、

行動の差になり、

成果の差になる、

ということ、確かに、うなずけます。

 

それでは、みんな、本読めばいいじゃん!

というのは簡単ですが、

普段から本を読んでない人に、読もう!

といっても、なかなかハードル高いのです。

 

ではどうすればいいか!

私は、研修で、2つのやり方を、推奨しています。

 

1.何でもいいから読む。

マンガでいいから読む。

鬼滅でいいから読む。

活字離れしている方には、マンガでもいいから読んでもらう。

鬼滅でもいいから読んでもらう。

鬼滅を読んで、感動してもらって、次は、
「マンガ7つの習慣」
などの自己啓発マンガ。

マンガで感動すれば、原著を読む。という流れ、効果的です。

 

2.「1日1話」本を、1日1ページ読む。

寝る前に、1日1ページの読書習慣、これも効果的です。

1日1ページ読むのがクセになれば、好きな本をもうすこし、眠くなるまで読む。

こうして、徐々に、読書量が増えていく。

これ、とても有効です。

1日1話本でオススメは、30万部以上売れている超ベストセラー
「1日1話、読めば心が熱くなる 365人の仕事の教科書」です。

これ、本当に、心が熱くなります。

熱く、あたたかい気持ちで眠りにつくことができる。

最高な習慣が身につきます。オススメですよ。

「人財育成の教科書」
メールセミナー登録

どうすれば「人」と「組織」は変わるのか?
どうすれば人と組織は変わり「続ける」のか?

その最重要ポイントを、3日間のメールセミナーで、お伝えします。
ぜひ、ご登録くださいませ。(無料です)

    top
    無料相談はこちら
    資料ダウンロード
    本の購入はこちら